プロカメラマンによる民泊物件の写真撮影代行サービス

Airbnbをはじめとする民泊サイトには、膨大な数の物件(リスティング)が掲載されています。そのなかでライバル物件と差別化を図りつつ、ゲストに好意的にアプローチするために、もっとも重要なのは「写真のクオリティ」です。しかし「いざ写真を撮影してもイマイチぴんとこない」「写真を増やしたけど予約数が増えない」とお悩みのホストの方々はたくさんいます。

そこで、活用したいのが「プロカメラマンによる写真撮影代行サービス」です。物件撮影に慣れたプロカメラマンであれば、過度な演出を避けつつ、ゲストの目を惹く洗練された写真撮影をしてくれます。

写真をプロに撮影してもらうメリット

1.仕上がりが綺麗!

プロの技術を使い撮影された物件写真は、素人が撮影する写真と異なり、誇張しすぎず、最大限にゲストの目を惹く魅力あるものとなります。カメラマンあるいはサービスによっては撮影後に写真のレタッチや色調補正に対応し、より美麗に仕上げてくれる場合もあります。

2.納品後はアップするだけと簡単!

自分で撮影した場合は、画像編集ソフトを使って光や色を調整することもあります。しかし、プロに撮影してもらった写真はクオリティが高く、さらに希望に応じてレタッチにも対応してくれる場合がありますので、納品後にそのままアップするだけと手間もかからずかんたんです。納品時には、サイズや解像度、ファイル名に合わせてデータがフォルダ分けされているため、すぐアップできる状態で納品されます。納品時のデータの取り扱いは、カメラマンやサービスにより異なるため、事前に確認しておきましょう。

3.広々と部屋を写してくれる!

物件撮影に慣れたプロのカメラマンは、部屋が広々と写る角度を熟知しています。自分で撮影すると窮屈に感じる部屋も、プロの手によって印象がガラリと変わることがあります。よいレビュー評価を獲得するにはゲストのイメージと実際の部屋のイメージが大きくズレないようにすることも大切ですが、その点に配慮して物件写真を撮影してくれることも魅力です。

Airbnbや民泊運用は、なぜ写真が重要なのか?

Airbnbをはじめとする民泊サイト経由の予約率を上げるうえで「写真のクオリティ」はホストの皆さまが考えている以上にとても重要です。予約サイトを利用してレストランや旅館を予約するときはほとんどの人が外観や内観の写真をチェックするかと思いますが、それは民泊でやってくるゲストも同様です。ゲストは、検索→写真→タイトル→レビューと目線を動かしたうえで、興味をもった物件をクリックする傾向があります。写真がよければクリック率は上がり、結果として予約率も高まります。

撮影例

プロのカメラマンが撮影した写真と、素人が撮影した写真では、仕上がりがここまで違います。どちらの写真のほうがより予約したくなるか、一目瞭然です。

事例1:ベッドは明るく清潔感のある見栄えに!


Before(素人が撮影)

Before(素人が撮影)

After(プロが撮影)

After(プロが撮影)


事例2:メインとなる寝室は明るく広く見せる!


Before(素人が撮影)

Before(素人が撮影)

After(プロが撮影)

After(プロが撮影)


事例3:リビングはカーテンを開けて開放感のある雰囲気に!


Before(素人が撮影)

Before(素人が撮影)

After(プロが撮影)

After(プロが撮影)


事例4:ワンルームでもここまで広く見せられます!


Before(素人が撮影)

Before(素人が撮影)

After(プロが撮影)

After(プロが撮影)


撮影前の準備

  • 掃除をしておく
  • 好印象をもたれる部屋づくりには「清潔感」が大きく影響します。シーツや枕カバーなどのリネン類はシワがなく清潔なものに取り替え、水まわりや床、鏡、テーブルなどの掃除、こまごまとした雑貨類は収納をして片づけておきます。撮影当日に慌てないように、時間に余裕をもって行いましょう。

  • 設備を整えておく
  • ゲストが好ましいと感じる設備やアメニティの設置は、事前に済ませておくようにしましょう。リノベーションといった改変がある場合には、部屋の内装が整ってから予約をします。

  • 日中に撮る
  • 室内照明だけではなく、自然光を取りいれて撮影した写真は、柔らかく明るい印象に写ります。撮影時間は日中を指定し、ブラインドやカーテンを開けて撮影することがおすすめです。

  • 撮影する部屋を確認しておく
  • 撮影のサービス内容や料金設定はサイトにより異なります。部屋数をあらかじめ指定する場合には、しっかりと確認することが大切です。当日になって、他の部屋の撮影を追加希望しても断られるケースもあります。また、ゲストが好みそうな内装や設備をあわせて撮影すると、物件の個性がアピールでき、他の物件との差別化も可能となります。

おすすめ撮影代行サービス

MINPAKU.Biz編集部がプロカメラマンに依頼できる撮影代行サービスをピックアップしましたので、物件撮影が必要な民泊物件のオーナー様はぜひ利用を検討してみてください。

サービス名 出張撮影サービスby GMO 出張撮影マッチングサービス fotowa
料金 1.5時間 30,000円(税抜)
2時間 36,000円(税抜)〜
※交通費込(出張撮影1回あたり上限3,000円)
平日の撮影 1時間 19,800円(税抜)
土曜日・日曜日・祝日の撮影 1時間 23,800円(税抜)
※75枚以上の写真データ、カメラマン指名料、出張料込
納品カット枚数 平均40枚から60枚(制限なし) 平均75枚
登録カメラマン 約4,000人
対応エリア 全国 関東、東海、関西、中国、九州
データ納品目安 撮影から3営業日以内 撮影から7日間以内

民泊支援サービスのまとめ・一覧

MINPAKU.Bizおすすめの民泊関連ソリューション

MINPAKU.Biz 編集部が、民泊運用に役立つおすすめのサービスを厳選ピックアップし、ご紹介しています。民泊ホストの皆様はぜひご活用ください。

スマートロックならAkerun

初期費ゼロ・工事不要のスマートロックデバイス。24時間のサポート体制

民泊WIFIはJPモバイル

jpmobile_reco通信制限なし!契約期間なし!初期費用なし!月額3,480円で使える民泊専用WIFIの決定版

民泊物件なら民泊物件.com

minbutsu_reco国内最大級の民泊・転貸許可物件紹介サイト。掲載件数4,000件以上。非公開物件メール配信