Zens、民泊運営代行乗り換えキャンペーンを実施中。2月28日まで

Airbnb・民泊運用代行サービスを手掛けるZens株式会社(以下、Zens)は、2月28日まで民泊運営代行乗り換えキャンペーンを実施している。

同キャンペーンは、民泊ホストまたは代行会社を利用して民泊を運営中のホストを対象として行われている。キャンペーンでは通常20%の完全運営代行プランの手数料を6月まで手数料10%とする。6月以降の手数料は15%となる。対応地域は、東京、大阪、京都、札幌、神奈川、埼玉、千葉だ。

マンスリーとのハイブリッド運用や、メッセージ代行のみも利用も受け付けている。メッセージ代行についてもキャンペーンを行っており、通常10%の手数料を8%とする。メッセージ代行は全国対応だ。

6月15日施行の民泊新法を控え、行政書士と連携をした法的届出サービスなども提供し、マンスリー賃貸とのハイブリッド運用において各社との業務提携を進めているZensは、Airbnbが日本に上陸する前から民泊代行事業を手掛けている。

実績豊富なZensのサービスに興味がある民泊ホストの方は、残り3日となったキャンペーン期間中に申し込んでみてはいかがだろうか。

【キャンペーンページ】民泊運営代行乗り換えキャンペーン
【関連記事】【民泊運用代行】Zens(東京23区、関東、京都)
【関連記事】Zens株式会社・町田龍馬氏「民泊を単なる流行りで終わらせない。」民泊事業のパイオニアのこだわりと今後の展望に迫る

(MINPAKU.Bizニュース編集部)