月額制で無制限に多言語通訳する「Yaxcel」宿泊事業者向けに8月1日開始

株式会社Lucciは宿泊事業者向けに電話で無制限の通訳を行う三者間同時通訳システム「Yaxcel」の提供を8月1日より開始する。

Yaxcelでは14か国語の二者間、三者間同時通訳を電話で行う。三者間の場合は「外国人ゲスト」「スタッフ」「オペレーター」といった具合だ。通話回数や部屋数に制限は無く、1施設につき月額15,000円(税別)で24時間365日無制限で利用できる。同時通訳はスピーカーフォンにて行われ、トラブル時等は透明性の高い状態で問題解決へ導くことも可能だ。

対応言語は英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、ドイツ語、インドネシア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、タガログ語、ネパール語となっており、幅広い層の訪日客に対応している。

旅行者にとって、知らない土地で言葉が通じないことは不便である一方、その不便を楽しむこともあるだろう。しかし、民泊やホテルなどの宿泊施設で言葉が通じないというのは往々としてストレスとなる。営業努力が不足していると判断され、低評価のレビューがつく例も見受けられる。

Yaxcelはシフトによっては外国語の話せるスタッフが不足しがちな宿泊施設や、多言語対応までは手がまわらない個人運営の民泊まで、様々なタイプの宿泊施設においても必要なコミュニケーションを図ることができるサービスとなっている。現在、Yaxcelではオープニングキャンペーンを実施しており、先着100施設は事務手数料が半額となることから、外国語対応に苦慮している宿泊施設の運営者は導入を検討してみてはいかがだろうか。

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も