楽天LIFULL STAYとハイアス、「Rakuten STAY HOUSE × WILL STYLE」の不動産オーナー向けサイトを開設

Rakuten STAY HOUSE × WILL STYLE

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社と、住宅・不動産・建設業界に特化した経営コンサルティング会社であるハイアス・アンド・カンパニー株式会社は2月18日、共同で開発した戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE × WILL STYLE」の不動産オーナー向け特設サイトを開設した。

「Rakuten STAY HOUSE × WILL STYLE」は、民泊・簡易宿所向けのブランディングと運用代行サービスである「Rakuten STAY」と、ハイアスが全国の会員企業に事業支援を行う高性能戸建賃貸住宅「WILL STYLE」の協力により生まれた、新たな戸建宿泊施設だ。「Rakuten STAY」ブランドの一貫したコンセプトによる宿泊サービスの提供に加え、従来のホテル等では敷地やコストにより建設が困難だった場所にも、戸建てならではの特性により施設を効率的に展開することができるなどのメリットがある。

同サイトでは、宿泊施設経営による土地活用を希望する不動産オーナーを募集し、施設開発をさらに加速する。具体的に法人・個人の不動産オーナーに向け「Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE」の特徴や宿泊施設経営による土地活用の紹介に加え、個別相談の申し込みを受け付ける。

Rakuten STAY HOUSE × WILL STYLE

両社は、2018年5月に島根県松江市で1号店をオープン、2019年2月には長崎県佐世保市にて2号店5戸をオープンし、京都府木津川市にも3号店4戸のオープンを予定している。1号店は開業以来、家族連れや友人グループなどの旅行者から高い評価を得ており、不動産オーナーの収益確保に貢献しているという。今後、両社は夏頃までに群馬県、山梨県、滋賀県、福岡県、沖縄県など7県において合計30戸以上のオープンを目指す。

【ウェブサイト】Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE
【関連記事】楽天LIFULL STAYとハイアスの戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE × WILL STYLE」2月中に2店舗開業

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway