楽天LIFULL STAYの宿泊・民泊予約サイト「Vacation STAY」とサイトコントローラー「TEMAIRAZU」が連携開始

宿泊・民泊予約サイト「Vacation STAY」を運営する株式会社楽天LIFULL STAYは11月29日、手間いらず株式会社が運営する予約サイトコントローラー「TEMAIRAZU」と連携を開始したと発表した。

「Vacation STAY」は、戸建型宿泊施設からコンドミニアム型宿泊施設、ホステル、宿坊、別荘までさまざまなタイプの施設を取り扱う宿泊・民泊予約サイトだ。2018年6月のサービス開始より登録数を伸ばし、2019年12月10日時点での総登録部屋数は27,539部屋となっている。

一方、手間いらずが運営する「TEMAIRAZU」は、国内宿泊施設向けに複数の宿泊予約サイトの一元管理を行う基本機能と、予約情報の高速取得やイールドマネジメント(収益管理)機能等を備えたASPシステム(サイトコントローラー)だ。民泊を含む宿泊施設のオーナーは同システムを利用することで、部屋の在庫と料金を一括で管理・運用でき、効率のよい在庫提供が可能となる。

このたびの連携により「TEMAIRAZU」を利用する宿泊施設オーナーは、同システムの予約管理サイト上で「Vacation STAY」掲載施設を含む複数の民泊・宿泊予約サイトの在庫や料金、予約情報等の一括管理ができるようになった。さらに「楽天トラベル」をはじめとして「Vacation STAY」と連携する国内外の宿泊予約サイトへも物件を掲載できる。

なお「Vacation STAY」への施設掲載が未登録の場合は、あらかじめ同サイトへの物件登録が必要だ。すでに登録済のオーナーは、予約サイトコントローラーの新規利用、もしくは切り替え候補として「TEMAIRAZU」も選択・利用することができる。

「Vacation STAY」は、楽天のグループ会社である株式会社クリップスが運営する「ねっぱん!サイトコントローラー++」のほか、「AirHost」「suitebook」「Beds24」など、すでに国内外の複数のPMSと連携している。これまで以上に集客力を高めたい民泊・宿泊事業者は両社サービスの利用を検討してみてはいかがだろうか。

【サービスサイト】楽天×LIFULL 宿泊・民泊予約なら Vacation STAY(バケーションステイ)
【サービスサイト】手間いらず株式会社 | サイトコントローラー / チャネルマネージャー | 複数の宿泊予約サイトを一元管理

(MINPAKU.Bizニュース編集部)