バケーションレンタルEXPO2018の10社限定先行出展受付、期間終了を待たずに全枠申込で終了

メトロエンジン株式会社が2018年5月25日(金)、26日(土)に新宿NSビルで開催するバケーションレンタルEXPO2018において、9月1日より行われていたブース出展の10社限定先行受付が、9月25日までの受付期間を待たずに10枠全ての申込みをもって9月19日に終了した。出展受付可能枠は残り約30社だ。

バケーションレンタルEXPOは、宿泊やバケーションレンタル(民泊)に携わるホストあるいは企業が国内海外問わず一堂に会するイベントだ。前回1日開催であったバケーションレンタルEXPO2017には54社が出展、57社が参加し、来場者は3,000名を超えた。バケーションレンタルEXPO2018は、拡大が想定される民泊市場と事業者の期待の高まりに応え、80社の参加企業、5,000名以上の来場者を見込み、初の2日間開催を行う。

ブースの出展方法は「1日のみ出展」「2日間出展」の2種類の中から選ぶことができる。ブース出展、EXPO案内LPロゴ掲載、チラシ一括配布の内容を含み、「1日のみ出展」は税別350,000円、「2日間出展」は税別500,000円で受け付ける。

民泊の運営に意欲的な運営者が多く集まるイベントだ。来年6月にも予定されている民泊新法(住宅宿泊事業法)施行を目前に控えた時期に同イベントで事業の周知を図りたい企業は出展を検討してみてはいかがだろうか。

【申し込みページ】バケーションレンタルEXPO

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も