バケーションレンタルEXPO2018、出展企業公表。行政書士による個人相談ブースも設置

バケーションレンタルEXPO2018

メトロエンジン株式会社が5月25日、26日に新宿NSビルで開催する「バケーションレンタルEXPO」の出展企業が公開された。また、行政書士による個別相談ブースの案内も行っている。

バケーションレンタルEXPOは、昨年約50社もの民泊・宿泊関連業界に特化した企業が一同に集結し、初回開催にも関わらず3,000人を超える来場者が参加したイベントだ。第2回となる今回は、前回開催時には民泊事業に未参入であった新たなプレイヤーや企業が出展するほか、民泊業界の枠を越え、ホステル業界やホテル・不動産・金融業界からも出展する。

出展企業は以下のとおり。

バケーションレンタルEXPO2018 出展企業一覧

出展企業には、Airbnbと株式会社エボラブルアジアの共同出展ブース「エアトリステイ」や、楽天株式会社が株式会社LIFULLとの共同出資により民泊業界に参入した「楽天LIFULL STAY」、大手宿泊予約サイトの「Booking.com」、一棟貸し豪華民泊の「HomeAway」など、今後の民泊業界を牽引するプレイヤーが並ぶ。また、台湾を中心に宿泊施設予約サイトを展開する「Asia Yo!」や、中国のバケーションレンタルサイト「途家(Tujia)」など国内外で注目を集める海外企業も参加する。そのほか、スマートロックや騒音センサー、タブレットによる本人確認など、民泊事業者の民泊運営を支援する最新のIoTサービス事業を展開する企業も出展する。

個人相談ブースでは、民泊新法に限らず改正旅館業法や改正建築基準法など民泊に関連する専門知識を豊富に持つ、行政書士の戸川大冊氏、石井くるみ氏が民泊や小規模宿泊施設に関する課題に対し、相談を受ける。EXPO限定で1枠あたり20分3,000円、1枠から申し込むことができる。なお、両氏はセミナーにも登壇予定だ。戸川大冊氏は5月25日(金)12:10からB会場にて「民泊新法施行後の法運用実務、ケーススタディから」をテーマに、石井くるみ氏は5月26日(土)の12:30からA会場にて「旅館業法改正後のビジネスモデルと事例紹介」をテーマにセミナーを行う。

バケーションレンタルEXPO2018は、2018年5月25日(金)と26日(土)の10:00から17:00まで新宿NSビルで行われる。入場料は事前に申し込んだ場合に限り無料、当日入場券は1,000円だ。なお、セミナー受講は有料で、別途セミナーチケット購入ページから申し込みが必要だ。「入場+セミナー受講」のチケットは、1日のみ1,500円、2日間2,000円、当日券2,500円だ。

【公式サイト】バケーションレンタルEXPO2018
【セミナーチケット購入ページ】バケーションレンタルEXPO2018 セミナーチケット購入ページ

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

faminect