ビジネス特化型民泊サイト「TripBiz」Android版アプリをリリース

Android版TripBiz

ビジネスシーン特化型民泊サイト「TripBiz」を運営するダイバージェント株式会社は9月24日、「TripBiz」のAndroid向けスマホアプリを提供開始した。

アプリは、福岡で開催された民泊EXPOプレミアム2017にて公開した。ゲストはアプリを利用し、物件検索・予約をより簡単に行うことができるほか、ホストとのチャットやレビュー評価も可能であり、またホストも予約の管理やゲストとのチャット、物件カレンダーの更新、確認などの機能をAndroid端末上で利用可能となった。

「TripBiz」は空き部屋や空き家を「一時社宅」として、法人向けに貸し出す民泊予約サイトだ。好立地な民泊を、顧客訪問や研修、会議、展示会出展などの必要な時に借りることができる上、ホストに対しては高評価を得られるWi-FiやFAXなどのオフィス向け設備を整えるようアドバイスしており、ビジネス特化民泊として快適に利用できる。ホストにとっても利点は大きく、気に入ってもらえれば毎年の研修など定期的な需要を見込めるうえ、法人としての利用のため、近隣住民とのトラブルのリスクが小さいという特徴もある。

新たにアプリとして利用可能になったことで、どこにいても気軽に操作できるようになり、出張者やホストの利便性向上が見込まれる。なお「TripBiz」のiPhone向けアプリは10月にリリースされる見通しだ。

【ダウンロードページ】TripBiz
【公式サイト】TripBiz

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も