TRIP PHONE、NTTドコモの「メニュー翻訳機能」導入。レストランメニューにかざすだけで料理が分かるように

株式会社インベスターズクラウドの子会社である株式会社iVacation(以下:iVacation)は9月29日、同社が開発を行うIoTデバイス「TRIP PHONE」の翻訳機能に、株式会社NTTドコモ(以下:NTTドコモ)との共同実験第二弾となるメニュー翻訳機能を導入したことを公表した。

iVacationとNTTドコモは昨年10月より共同実験を行っており、TRIP PHONEと「翻訳トライアルサービス」との連携による有効性の検証を目的としている。第一弾では、NTTドコモが開発した、てがき翻訳サービス「翻訳トライアルサービス」をTRIP PHONEに導入した。続いて行われた第二弾では、NTTドコモが新たに開発した「料理メニュー翻訳AR」をメニュー翻訳機能として追加した。

料理メニュー翻訳ARは、日本語の料理メニューにTRIP PHONEのカメラをかざすだけで、翻訳された料理メニュー名や、料理写真などの情報を閲覧することができるサービスだ。これを活用することにより、レストランのメニューを読むことができるほか、料理のイメージ写真や料理に関する詳細な情報を確認でき、ストレスなくオーダーすることが可能となる。対応言語は英語・中国語・韓国語の3か国語だ。

外国語のメニュー情報や料理の詳細が見えるようになるだけでも便利だが、料理名の読み方が分かることも魅力だ。旅行の醍醐味とも言える食事選びを気軽に楽しんでもらえるサービスとして活躍しそうだ。

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も