海外・インバウンド向け「Travelko」ホテル比較でスカイスキャナーと連携開始

旅行比較サイト「トラベルコ」を運営する株式会社オープンドアは7月18日、同社のインバウンド・海外向けの旅行比較サイト「Travelko」のホテル比較サービスにおいて、メタサーチサイトの「スカイスキャナー」と連携を開始したことを公表した。

これによりスカイスキャナーが掲載するホテル予約サイト・ホテル公式サイトの取扱商品の一部をTravelkoで検索・比較することができるようになった。なお、日本語版「トラベルコ」はすでにスカイスキャナーと連携している。

Travelkoは英語、簡体字中国語、繁体字中国語(台湾・香港)、韓国語の 5言語で展開する旅行比較サイトだ。全世界のホテル、航空券と日本国内のアクティビティ商品の検索・比較サービスのほか、台湾市場向けのパッケージツアー商品の検索・比較サービスを展開している。そのほか日本の人気都市の観光スポットを旅行のプロが厳選して紹介するガイドコンテンツを提供しており、国内外の旅行者に定評がある。

一方、スカイスキャナーは、航空券・ホテル・レンタカーなどの情報を、世界中の1,200 社以上の航空会社・旅行会社などのウェブサイトから横断的に比較検索できるメタサーチサービスだ。2003年に英国スコットランド・エディンバラで誕生し、2016年に中国のオンライン旅行会社Ctripグループの一員となっている。2018年時点で世界中に10拠点を展開、30言語対応で運営している。利用者数は世界で月間約7,000万人、また、アプリダウンロード数も7,000万回に達する巨大メタサーチサービスに成長している。

今回の連携でTravelkoの掲載ホテル・プラン数が大幅に増加したことで、訪日客のさらなる増加が期待される。

【参照ページ】Travelkoホテルでスカイスキャナーとの連携を開始!
掲載ホテル・プラン数増加でユーザの利便性がさらに拡大!

【関連ページ】トラベルコ、中国最大オンライン旅行会社Ctripの新ブランド「Trip.com」と連携。最安値プラン拡大へ

(MINPAKU.Bizニュース編集部)