九州・熊本地方の被災者向け「無料民泊」TRAVEL LABOが全面負担

民泊仲介サイト、モバイルメディアを運営する株式会社TRAVEL LABOは4月15日、「九州・熊本地方でのTRAVEL LABO無料宿泊施設の提供について」を公表した。これによると、九州・熊本地方で被災した方向けに「TRAVEL LABO」に登録されている民泊施設を無料で利用できるサービスを開始したという。宿泊費用は仲介サイトの運営事業者(FCS―labo)が負担する。

同社の東京本社(電話03―5439―4227)もしくは、大阪支社(電話06―6765―8333)に平日午前9時半~午後6時に電話で申し込むと、登録されている九州地方の民泊施設から順に紹介するという。

部屋数に限りがあるため、子どもや高齢者がいる家族を優先して案内し、満室になり次第、一時的に終了となる予定だが、九州地方での民泊施設を緊急募集する見通しで、提供出来る施設が登録され次第TRAVEL LABOのフェイスブックページで告知する。

同社では支援活動に参加する予定で、必要な物などをフェイスブックのメッセージ機能で送信して欲しいと呼びかけている。

被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

【参照ページ】九州・熊本地方でのTRAVEL LABO無料宿泊施設の提供について
【参照ページ】民泊サイトが被災者の無料受け入れを仲介
【関連ページ】熊本県の民泊・旅館業簡易宿所に関する条例・法律・規制

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も