トラベルコちゃん、民泊予約サイト「STAY JAPAN」と連携開始

約300社の旅行会社の旅行プランから横断検索できる「トラベルコちゃん」を運営する株式会社オープンドアは6月30日、国内宿・ホテル・旅館比較サービスにおいて、とまれる株式会社の運営する民泊予約サイト「STAY JAPAN」との連携を開始したと公表した。

トラベルコちゃんは、じゃらん、楽天トラベル、Yahoo!トラベル、JTB、るるぶトラベル、H.I.S.、一休.com、近畿日本ツーリスト、日本旅行、エクスペディアなどの主要宿泊予約サイト・旅行会社のほか、一部宿泊施設から直接情報提供を受けているプランや民泊プランを同時に一括検索・比較することができるサービスだ。

一方のSTAY JAPAN(ステイジャパン)は、株式会社百戦錬磨の子会社であるとまれる株式会社が運営する民泊予約サイトだ。国家戦略特別区域法や旅館業法など、国の定める法律に則り、自治体の認可を受けた公認民泊のみを取り扱っている。特区民泊の第1号認定を大田区で取得、大阪府で、特定認定施設の第1号物件の認定を受けており、宿泊保険への加入や日本語・英語で対応可能な24時間コールセンターのサポートなど、民泊を安心して利用できる仕組み・環境づくりにも取り組んでいる。

両社は、年度内の成立を目指して現在検討が進められている民泊関連の新法成立後、掲載施設数やプラン数が大幅に増加することを想定し、同連携に至った。これにより、トラベルコちゃん内で、ホテル・旅館等の宿泊プランと民泊プランの一括検索・比較が可能となった。

トラベルコちゃんは、これまでも国内No.1の宿泊予約サイト・旅行会社等合計26サイトと連携していたが、STAY JAPANとの新規連携により検索対象のサイト数がさらに1件増加し、合計27サイトとなった。

様々な宿泊プランの中に民泊という選択肢が加わることで、ユーザーの購買行動がどのように変化するのか、また観光産業に対してどのような影響を及ぼすのか、今後の展開に注目したい。

【参照リリース】国内宿・ホテル・旅館で民泊予約サイトSTAY JAPANとの連携を開始。ホテルプランと民泊プランの一括検索が可能に!

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も