トマルバ、クラウドワークスから資金調達。今回含め調達総額8,300万円に

一棟貸しゲストハウスに特化したバケーションレンタル事業を手掛ける株式会社トマルバ(以下、トマルバ)は11月13日、株式会社クラウドワークス(以下、クラウドワークス)を引き受け先とした第三者割当増資による資金調達を実施したことを公表した。

調達資金は、トマルバの「Smart VR Pad」の開発強化、京都以外への事業拡大、サービスレベル向上のための組織強化に投資される見通しだ。トマルバはこれまでにB Dash Ventures株式会社が運営するファンド、投資ファンドのANRI、個人投資家から資金を調達しており、今回で調達総額8,300万円となった。

トマルバは日本の伝統家屋である町家や古民家を一棟貸しに特化した宿泊施設にリデザインし、インバウンド顧客をターゲットに集客を行っている。その際、ブランド設計、リフォーム、集客戦略、運営までワンストップで提供することを特徴としている。

これまでもオンラインの問い合わせ対応、電話対応などの一部はクラウドソーシングを活用しており、時差を利用し海外に住む個人に依頼するなどクラウドワークスとの親和性が高いことや、クラウドワークスの中期経営計画である「クラウド経済圏」構想に合致することなどから今回の調達につながった。

トマルバの現在の運営物件は19棟40部屋以上、2018年には京都府内に新たに15棟のプロデュース物件の開業を予定している。

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も