IoT民泊運用のTATERU bnb、民泊家電長期保証サービス「bnb CARE」開始

アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERU(以下、TATERU)の子会社である株式会社TATERU bnb(以下、TATERU bnb社)は6月5日、民泊家電長期保証サービス「bnb CARE」を開始したことを公表した。

「bnb CARE」は民泊施設に設置する家電製品を対象に延長保証を行い、計5年間の長期保証を行うサービスだ。掃除機や洗濯機、冷蔵庫などの一般家電に加えて、スマートロックやセキュリティカメラなどのIoT家電も対象とする。TATERU bnb社が提供するIoT民泊アパートでは、今後「bnb CARE」を標準サービスとして提供する。

bnb CARE

TATERU bnb社は、IoT⺠泊アパート「TATERU bnb」の開発・運営やスマートロック・チェックインパッド・TRIP PHONEの3つをセットにした「bnb kit」の開発・レンタルなど、IoTを活用した民泊運用サービスを提供している。同社グループでは、IoTで民泊施設をスマート化する「bnb kit」を導入したアパートを展開しており、これまでに14施設の企画開発・運営委託を受注、うち、9施設の開発を開始している。

【関連ページ】TATERU bnb
【関連ページ】民泊サイト(バケーションレンタルサイト)のまとめ・一覧

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も