IoT民泊運用のTATERU bnb、民泊家電長期保証サービス「bnb CARE」開始

アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERU(以下、TATERU)の子会社である株式会社TATERU bnb(以下、TATERU bnb社)は6月5日、民泊家電長期保証サービス「bnb CARE」を開始したことを公表した。

「bnb CARE」は民泊施設に設置する家電製品を対象に延長保証を行い、計5年間の長期保証を行うサービスだ。掃除機や洗濯機、冷蔵庫などの一般家電に加えて、スマートロックやセキュリティカメラなどのIoT家電も対象とする。TATERU bnb社が提供するIoT民泊アパートでは、今後「bnb CARE」を標準サービスとして提供する。

bnb CARE

TATERU bnb社は、IoT⺠泊アパート「TATERU bnb」の開発・運営やスマートロック・チェックインパッド・TRIP PHONEの3つをセットにした「bnb kit」の開発・レンタルなど、IoTを活用した民泊運用サービスを提供している。同社グループでは、IoTで民泊施設をスマート化する「bnb kit」を導入したアパートを展開しており、これまでに14施設の企画開発・運営委託を受注、うち、9施設の開発を開始している。

【関連ページ】TATERU bnb
【関連ページ】民泊サイト(バケーションレンタルサイト)のまとめ・一覧

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

faminect