SQUEEZEの運用管理ツール「suitebook」とクラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!」が連携開始

株式会社SQUEEZEが提供する民泊からマンスリーまで物件の短期貸しを一元管理できるクラウドツール「suitebook(スイートブック)」と、株式会社クリップスが提供する無料のクラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!」が11月26日よりシステム連携を開始した。

suitebook×ねっぱん!

「suitebook(スイートブック)」は、民泊・ホテル・旅館などの宿泊事業者や代行業者、サービスアパートメント運営事業者向けの宿泊運用管理システムだ。suitebookを利用することで、物件の稼働状況や滞在者情報を一目で把握できるほか、滞在者や清掃業者とのコミュニケーションもsuitebook内から行うことができるため、管理業務の工数を削減することができる。

一方の「ねっぱん!」は、宿泊施設向けに複数の宿泊予約サイトの在庫・料金・予約情報を一括管理できるクラウド型サイトコントローラーだ。2018年11月20日時点で8,200軒を超える宿泊施設が利用している。サービスを連動している宿泊予約サイトは、一休やじゃらん、Reluxなど、合計71サイトだ。

今回のシステム連携により、suitebookのユーザーは「ねっぱん!」を同時に利用することで、販売チャネルを広げることができるとともに空室在庫の一元管理が可能となる。また「清掃の自動依頼」や「スマートキーの自動発行」などの機能も合わせて利用できるようになるため、稼働率の向上と業務の効率化を図ることができる。さらに複数の宿泊施設の管理者は、suitebookで一括してすべての「ねっぱん!」アカウントを管理できるため、宿泊施設を横断しての予約管理や在庫調整も便利に行うことができるようになる。

suitebookと「ねっぱん!」を利用して効率的な管理体制を構築することで、すでに宿泊施設を運用している事業者だけでなく、初めて短期貸し事業を運営する事業者もスムーズに新規事業を立ち上げることができる。新規顧客の獲得に向け、両サービスの導入を検討してみてはいかがだろうか。

【関連ページ】【民泊向け運用管理ツール】suitebook(スイートブック)
【関連ページ】【サイトコントローラー】ねっぱん!

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

faminect