STAY JAPAN、宿泊できる民泊探しを支援する「宿探しお助けサービス」提供開始

「知らない日本に泊まってみよう」をコンセプトとした民泊予約サイト「STAY JAPAN」を運営する株式会社百戦錬磨(以下、百戦錬磨)は6月5日、国内外の旅行者を対象とした「宿探しお助けサービス」の提供を開始したことを公表した。

宿探しお助けサービスは、6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行を目前に控え、観光庁が6月1日に民泊予約仲介サイトに向け「違法物件に係る予約の取り扱い」に関する通知を発出したことで違法民泊施設が各仲介サイトから多数削除される流れを受け、国内外の旅行者を対象に、宿泊可能な合法民泊施設を紹介するサービスだ。STAY JAPANはスタッフが許認可の確認を取った合法施設のみを掲載していることから、突然の予約取り消しや変更があった旅行者にも対応し、安心・安全に宿泊できる合法民泊物件を紹介する。

同サービスは専用ページでメールアドレスと希望条件を記入し、申し込むことで利用できる。申し込み後、STAY JAPANの運営スタッフが旅行者の希望条件にあう合法の宿泊施設を提案する。旅行者が予約を取り消された場合の代わりの施設探しや、観光地から近い宿、農業・漁業体験のできる宿、祭りの時期に宿泊できる宿などの目的に合わせた宿探しにも対応する。対応言語は、日本語・英語・中国語の3言語だ。

今回の百戦錬磨のサービスは、不慮の予約取り消しで生じる国内外の旅行者の不安や、日本の民泊に宿泊できない不満を取り除く有意義なサービスとして活用されそうだ。

【サービスサイト】宿探しお助けサービス(日本語版)
【サービスサイト】宿探しお助けサービス(英語版)
【サービスサイト】宿探しお助けサービス(繁体字版)
【サービスサイト】STAY JAPAN

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

faminect