シェアリングエコノミー協会、2019年版シェアリングエコノミー領域のカオスマップ公開

一般社団法人シェアリングエコノミー協会は1月7日、モノ・移動・空間・お金・スキルの5つに分類したシェアリングエコノミー領域のカオスマップの2019年最新版を公開した

同マップではシェアリングエコノミー協会会員企業のサービスの一部が掲載されている。拡大を続けるシェアリングエコノミー関連企業の主要なサービスが整理されたカオスマップを、事業の検討やサービス利用等に役立ててみてはいかがだろうか。

【参照ページ】2019年最新のシェアリングエコノミー 領域mapを公開しました!
【関連ページ】会員一覧 | シェアリングエコノミー協会

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も