Relux、中国最大手旅行予約サイト運営のQunarと国内宿泊予約にて業務提携

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」を運営する株式会社Loco Partners(以下、ロコパートナーズ)は7月23日、中国最大級のオンライン旅行予約サイト「Qunar.com」を運営するQunar.com Information Technology Co. Ltd.(以下、Qunar)と日本国内の宿泊施設の予約業務における業務提携を開始することを公表した

同提携により、Reluxは自社顧客向けに採用している宿泊予約エンジンと同じ技術プラットフォームをQunar.comに提供し、システムを連携する。その後、Reluxが紹介する約1,800の宿泊施設のうち、掲載を希望する宿泊施設をQunar.comに掲載する。

Qunar.comは2005年5月にサービスを開始した中国最大級のオンライン旅行プラットフォームだ。Qunarのモバイルアプリ「去哪儿旅行(Qunarトラベル)」は2018年3月末時点で累計8億超のアクティブダウンロード数を持つ中国で最も人気のある旅行アプリの一つとなっており、Qunarは中国の旅行市場に大きな影響力を持つ。このQunarと提携することで、Reluxは日本の魅力を発信し訪日旅行客のさらなる増加を図る。一方、QunarはReluxが掲載している利用者満足度が高い宿泊施設を紹介することでリピーターを増やし、訪日旅行領域の発展を図る。

提携の背景について、ロコパートナーズは、2017年1月から12月までの訪日外客数約2,800万人のうち4分の1以上が中国からの旅行者であること、政府が2030年までに訪日外客数を2017年の約2.1倍に当たる6,000万人まで伸ばすという目標を掲げており、これが達成された場合、中国でのさらなる訪日市場の拡大が推測できること、さらに1人当たりの旅行支出を国別に見た場合、中国が最も高い22万円を記録していることをあげ、中国の訪日旅行市場は非常に大きいことが伺えるとしている。

ロコパートナーズは今年1月、同社が運営するReluxのウェブサイト内で「もうひとつのわが家」をコンセプトとして民泊や町家、古民家、貸別荘などを扱う会員制の宿泊予約サービス「Vacation Home」の提供も始めている。事業領域を拡大しながら成長をみせる同社とQunarの提携によるシナジーに期待が高まる。

【参照ページ】Relux、中国最大級オンライン旅行プラットフォーム「Qunar.com」と業務提携
【関連ページ】Relux(リラックス)Vacation Home

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

faminect