宿泊予約サイトRelux、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、Reluxポイントの有効期限を最大半年間延長

高級ホテル・旅館の宿泊予約サイト・アプリ「Relux(リラックス)」を運営する株式会社Loco Partners(ロコパートナーズ)は3月10日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、最大半年間のReluxポイントの有効期限を延長することを発表した。

「Relux」は、高級ホテルや旅館のほか、貸別荘やバケーションレンタルなど、幅広いタイプの宿泊施設を数多くそろえ、人気を集める宿泊予約サイトだ。会員限定の宿泊価格や旅行提案サービス「Reluxコンシェルジュ」を用意するなど、会員向けのサービスも豊富だ。

新型コロナウイルスの影響により、不要不急の外出を控えるなど、日本全体で自粛の動きが広がっている。それに伴い旅行業界は、宿泊施設の経営に大きな損失を与えるなど深刻な影響が出ており、冷え込みの継続が予想される。この状況をふまえ同社では、Reluxポイントの有効期限が2020年3月31日(火)から2020年8月31日(月)までのReluxのユーザーを対象に、有効期限を一律で2020年9月30日(水)まで延長することを決定した。

今回の取り組みについて、同社は「Reluxは安心いただける旅行の実現と旅行需要の早期回復に努めてまいります。また、旅行業界の一員として観光産業の活性化に貢献してまいります」とコメントしている。

【サービスサイト】Relux
【関連ページ】Relux(リラックス)Vacation Home

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も