会員制宿泊予約サイト「Relux」民泊市場参入。2018年春民泊掲載開始へ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」を運営する株式会社Loco Partnersは6月23日、民泊市場へ本格参入することを公表した

Reluxは2013年3月にサービスを開始した、日本を代表する一流ホテル・旅館を探し、厳選して紹介する会員制の宿泊予約サイトだ。掲載にあたり日本全国のホテル・旅館に精通した旅行のプロが、独自の審査基準を設け、心からおすすめできる施設を紹介するところに特徴がある。

2017年6月に住宅宿泊事業法案(民泊新法)が可決・成立したことを受け、多様な宿泊体験を提供している施設を取り扱うことを目的とし、民泊市場へ本格的に参入する。民泊として掲載予定の宿泊施設に関しても同サービスの特徴である独自の審査基準を設ける。

Reluxでは、すでに取り扱っている「町家」や「古民家」に加え、「民泊」を旅の選択肢として提案することで、多様化する一人一人のカスタマーニーズに応え、一人でも多くの国内外旅行者に日本の魅力に触れる機会を創出し、継続的な日本での旅行、満足度の高い宿泊体験のさらなる向上を目指す。

民泊物件の取り扱いは、住宅宿泊事業法案(民泊新法)施行後である2018年春に開始する予定で、合法の民泊施設を対象に独自の審査を行い、掲載する見通しだ。

【関連ページ】Relux(リラックス)Vacation Home

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も