一流宿予約サイト「Relux」に新カテゴリ「ホステル」追加

Relux ホステル

一流ホテル・旅館の宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」を運営する株式会社Loco Partnersは9月11日、同日より宿泊施設のカテゴリに「ホステル」を追加したことを公表した。

同サイトの「ホステル」カテゴリは、部屋タイプとしてドミトリールーム(相部屋)があるホステルや、ラウンジなどの共用スペースで飲食や他の宿泊者と交流できる設備があるホステルを対象としている。11日時点では、東京の「THE SHARE HOTELS LYURO 東京清澄」や、京都の「グリッズ京都四条河原町ホテル&ホステル」など、15軒のホステルを掲載している。

(左)THE SHARE HOTELS LYURO 東京清澄 (右)グリッズ京都四条河原町ホテル&ホステル

(左)THE SHARE HOTELS LYURO 東京清澄 (右)グリッズ京都四条河原町ホテル&ホステル

Reluxは2018年1月、貸別荘、町家、古民家やグランピングなどを取り扱う「Vacation Home」カテゴリを提供開始している。宿泊ニーズが多様化する昨今、比較的低価格であるホステルにも、デザイン性・快適性の高い施設や、独自のコンセプトをもつコミュニケーションスペース付きの施設などが増えており、Reluxは新たに「ホステル」カテゴリを追加することで、出張などの単身利用も含め、より多くのシーンでRelux独自の基準による審査を経た、満足度の高い宿泊施設を紹介していく方針だ。

同サイトは9月に「Airbnb」ともシステム連携し、新たなユーザーの獲得へ向けサービス拡充を進めている。今後、Reluxが紹介するラグジュアリーな宿泊施設が多様化することで、多くのカスタマーにとって「宿泊時間」が旅の大きな楽しみになることを期待したい。

【関連ページ】一流宿予約「Relux」運営のロコパートナーズ、Airbnbとシステム連携。Relux掲載施設をAirbnbで予約可能に
【関連ページ】Relux(リラックス)Vacation Home

(MINPAKU.Bizニュース編集部)