楽天LIFULL STAYと楽天、民泊・簡易宿所向けにブランディングと運用代行サービス提供開始

楽天LIFULL STAY株式会社(以下、楽天LIFULL STAY)と楽天株式会社(以下、楽天)は11月29日、民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」の提供を開始した。法人事業者は11月29日より受付を開始、一方、個人事業者は来春の受付開始を予定している。

「Rakuten STAY」では、法人・個人の不動産オーナーに対し楽天が「Rakuten STAY」ブランドを貸与し、楽天LIFULL STAYが民泊・簡易宿所運用の導入コンサルティングから施工、清掃などの運用までを委託会社の協力を得て一括して運用代行する形態でサービスを展開する。同サービスを通じ両社は、特区民泊・住宅宿泊事業法(民泊新法)における民泊施設と旅館業法における簡易宿所などを対象とし、集客や管理に不安を抱える不動産オーナーが民泊事業に参入できるよう支援していく。

不動産オーナーは「Rakuten STAY」の導入にあたり、楽天と「Rakuten STAY」ブランドの貸与・監修に関する契約(Franchise Contract)と楽天LIFULL STAYと運用代行に関する契約(Management Contract)をあわせて締結する必要がある。

「Rakuten STAY」を導入する施設では楽天のイメージカラーともいえる赤を随所に取り入れた部屋、設備、アメニティを完備し、ユーザーは一貫したコンセプトに基づいたサービスを受けることができるようになる。このように環境を整えることで、民泊を利用したことがないユーザーも安心して利用できるようにし、民泊市場の拡大を図る狙いがある。

齊藤貴史氏

齊藤貴史氏

「Rakuten STAY」の全体コンセプトと部屋のデザインコンセプトを担ったのは株式会社グリフォンの齊藤貴史氏だ。同氏は、企業の新規事業やサービスのコンセプト・デザインから、体験のストーリーや空間デザイン、コミュニケーションの考え方など、顧客視点に立ったクリエイティブな発想をするプロジェクト・デザイナーとして活動している。これまでに、コーポレートブランディング、BI・CI開発、商業店舗企画開発、新商品コンセプト開発、海外ブランドの国内展開サポートなどを、商業施設から5スターホテル、リゾート開発などに対して行っている。ホテルにおける実績も豊富で、フォーシーズンズホテルズ丸の内東京「MOTIF」、名古屋マリオットアソシアホテルオールデイダイニング「PERGOLA」、ホテル・ザ・エム インソムニア赤坂などを手掛けてきた。

今後「Rakuten STAY」は、一軒家、古民家、アパート、マンションなどにおいて、一部屋から一棟丸ごと貸出しといった形態で物件を提供し、様々な宿泊ニーズに対応できるよう物件の拡充を図る見通しだ。また「街にSTAYする」というコンセプトのもと、一つの「街」(エリア)に基幹施設を設け、そこに鍵の受け渡し窓口や、同エリア内の案内所を設置し、近隣エリアに所在する様々な形態の客室をネットワーク化することで、街そのものを一つの宿泊施設のように運用することを目指す。

楽天LIFULL STAYは、来年6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行後に民泊サイト「Vacation Stay」(仮称)の開設も予定している。今回の発表を皮切りにどのような展開を見せるのか、すでにホームアウェイ、AsiaYo.com、途家といった大手の民泊プラットフォームとも提携している楽天LIFULL STAYと楽天の動向に今後さらに注目が集まりそうだ。

【公式サイト】Rakuten STAY

(MINPAKU.bizニュース編集部)

faminect