楽天LIFULL STAYの宿泊予約サイト「Vacation STAY」掲載物件をHomeAwayに供給開始、インバウンド集客強化へ

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社と世界最大級のバケーションレンタルサイト「HomeAway(ホームアウェイ)」は11月14日、民泊事業における業務提携に基づくインバウンド強化策を開始したことを公表した。

楽天LIFULL STAYの宿泊予約サイト「Vacation STAY」掲載物件をHomeAwayに供給開始、インバウンド集客強化へ

今回の施策により、楽天LIFULL STAYが運営する日本最大級の宿泊・民泊予約サイト「Vacation STAY」に掲載中の国内の民泊や簡易宿所等のバケーションレンタル施設がHomeAwayに供給され、HomeAway上で予約可能となった。一方、HomeAwayはグローバルでの集客力を生かし、訪日旅行者へのマーケティングを行い、インバウンドの需要拡大につなげる。

HomeAway株式会社日本支社長の木村奈津子氏は「楽天LIFULL STAYのパートナーとして、日本の様々なタイプの魅力的なバケーションレンタル施設を世界中の旅行者へ提供開始できることを嬉しく思います。弊社はグローバルでファミリー&グループ旅行にフォーカスしており、広めのプライベートな空間を楽しんでいただける家主不在型のバケーションレンタル施設を増やす事に注力しています。本連携でこのような旅行者が求める宿泊施設がぐんと増えましたので、楽天LIFULL STAYにとっての新たな客層の取り込みに貢献できると信じております。また、これを機にグローバル販売拠点へ働きかけ、更なる日本への送客強化を目指していきます。」とコメントしている。

一方、楽天LIFULL STAY株式会社代表取締役の太田宗克氏は「このたびHomeAwayとの連携を通じて、より多くの日本のバケーションレンタル施設を世界中の旅行者へご提供できることを大変嬉しく思います。訪日旅行客数が増加する中で、HomeAwayが強みとする地方やリゾートを好む旅行者をはじめ、幅広いお客様に家族やグループ旅行でご利用いただけることを期待しています。また、世界各国・地域の旅行者に対してバケーションレンタル施設を軸とした幅広い宿泊施設の選択肢を提供していくとともに、新たな宿泊体験を可能とする施設の開発を通じて、引き続きインバウンド需要のさらなる拡大を図ってまいります。」とコメントしている。

今回発表された両社連携による取り組みはかねて住宅宿泊事業法の施行後に実施することが予定されていた今年3月のHomeAway日本版ウェブサイトのグローバルプラットフォームへの移行を経て、今回のインバウンド強化策の実施に至った。今後、両サイトでの集客を見込む物件オーナーや豊富な掲載物件の中から宿泊先を選択したい訪日旅行客の利用をさらにひきつけそうだ。

【コーポレートサイト】楽天LIFULL STAY株式会社
【サービスサイト】楽天×LIFULL 宿泊・民泊予約なら Vacation STAY(バケーションステイ)
【関連ページ】HomeAway(ホームアウェイ)

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway
airbnb