運営代行のPIPI Hosting、中国上場企業から約4.2億円の資金調達

PIPI Hosting

株式会社PIPIは、同社が運営する民泊・宿泊事業の運営代行サービス「PIPI Hosting」において、中国上場企業で子会社40社を持ち資産総額1兆円を超える「Neoglory Group」からの約4.2億円の資金調達が決定したことを発表した。

今回の資金調達によって「PIPI Hosting」は、6月15日施行の住宅宿泊事業法(民泊新法)以降の市場規模拡大を見据え、積極的な人材採用、民泊新法に向けたビジネスモデル構築、関連サービスの統合に注力し、より高品質のサービスを提供することを目指す。

PIPI Hostingは2015年設立のバケーションレンタル運用代行サービスだ。物件選びから、インテリアデザイン、運用代行、清掃業務までフルサポートする。東京にオペレーション本部、上海にシステム開発センター、福岡にカスタマーサポートセンターという拠点をもち、オーナーや宿泊事業者を支援する仕組みを構築するため、完全自社開発の民泊専用システムを導入している。

PIPIシステム

運用代行費は、予約金額から清掃費を引いた金額の10%(清掃代別)だ。さらに、初期費用なしでリスティングページ作成、ハウスガイド作成に対応し、自社コールセンターによる顧客対応も行う。

2017年には中国不動産最大手の「Homelink(ホームリンク)」とアメリカ不動産フランチャイズ最大手の「Keller Williams Realty」中国支社と独占契約しており、両社が日本で販売した合法民泊投資物件のすべての運営を「PIPI Hosting」が受託している。

運用代行サービスとしては巨額の資金調達で民泊新法施行後の市場に対応する同社の今後の展開に注目だ。

【サービスページ】PIPI Hosting
【関連ページ】【民泊運用代行】PIPI Hosting(東京)

faminect