ARナビゲーションアプリ「PinnAR(ピナー)」、FIRST CABIN全施設に導入

株式会社テレコムスクエアは12月16日、同社が展開するARナビゲーションアプリ「PinnAR(ピナー)」が同日より、株式会社ファーストキャビンが運営するFIRST CABIN全施設にて、ホテルまでのルートを案内するツールとして採用されたことを公表した。

PinnAR(ピナー)×FIRST CABIN

PinnAR(ピナー)はAR(拡張現実:Augmented Reality)技術を搭載したナビゲーションアプリだ。スマートフォンのカメラを通して見える実際の風景に目的地までの案内ルートを表示することで、ゲストが簡単に目的地までたどり着けるようサポートする。その他の機能として、ゲストが言葉を読めない、入力できない場合に役立つ、印刷物や看板などの文字情報をカメラで読み取ってテキスト化する「文字スキャン(OCR)機能」、現在地周辺の施設を検索できる「周辺スポット機能」、現在地周辺のお店で使える「クーポン機能」などを搭載する。対応言語は、日本語、英語、繁体字、簡体字、韓国語の5か国語。

PinnAR(ピナー)×FIRST CABINイメージ


※PinnAR(ピナー)使用イメージ動画。音声はありません。

このたびPinnARを導入した「FIRST CABIN」は「コンパクト&ラグジュアリー」をコンセプトに、12月時点で全国に26施設展開する、飛行機のファーストクラスをイメージしたキャビンスタイルのホテルだ。宿泊施設はPinnARを導入することにより、旅客が土地勘のないところで道に迷う不安を軽減することができるため、宿泊施設の満足度向上につなげることができる。株式会社ゼンリンの「地図利用実態調査2016」によると、80%以上の日本人が道に迷ったことがあるとの結果も出ている。宿泊施設はホスピタリティ向上の施策の一つとして導入を検討してみてはいかがだろうか。

なお、PinnARは、2020年2月18日から21日まで幕張メッセにて、ホテル&レストランショーと同時に開催される「インバウンドマーケットEXPO2020」に出展予定だ。

【ウェブサイト】PinnAR(ピナー)
【関連ページ】【ARナビゲーション】PinnAR(ピナー)

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も