OYO Hotels Japan、法人・ビジネスパーソン向けにテレワーク応援プラン「Work from Hotel(ワーク・フロム・ホテル)」を提供開始

ソフトバンクグループとOYO Hotels & Homesとの合弁事業であるOYO Hotels Japan(オヨホテルズジャパン)合同会社は5月15日、新型コロナウイルスの影響により、テレワーク(リモートワーク)環境を必要とする法人やビジネスパーソン向けに、平日の月曜日から金曜日の5連泊の宿泊料金を特別に割引するテレワーク応援プラン「Work from Hotel(ワーク・フロム・ホテル)」を開始すると発表した。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、テレワークを導入した企業は多くある。その一方で、Wi-Fi環境や仕事をしやすいデスク、同居する家族への配慮など、職場と同じような仕事環境をテレワークで整えるのが難しいというオフィスワーカーの声もある。そこで同社は、自宅から近いOYOの宿泊施設で効率的な仕事が実現できるよう、法人・ビジネスパーソン向けの特別割引プランの提供に至った。

「Work from Hotel(ワーク・フロム・ホテル)」は、平日の月曜日から金曜日の5連泊のプランだ。対象期間中の月曜日にチェックイン、土曜日にチェックアウトする5連泊の宿泊で、1部屋合計宿泊料金から10,000円を割引する。OYO Hotelsの客室は、ビジネスタイプのホテルの客室はもちろん、リゾートタイプの客室や「OYO Ryokan」もあり、全室Wi-Fiを完備している(※一部の施設を除く)。なお、対象期間は2020年5月18日のチェックイン~同年6月12日(最終チェックアウト:6月13日)までで、OYO Hotels コールセンターで予約を受け付けている。

このたびのプラン提供にあたり、OYO Hotels Japan チーフ・ビジネス・オフィサー(最高業務責任者)の田野崎亮太は、「今回の宿泊プランでご利用いただける客室は、無料で利用できるWi-Fiをご用意しています。パソコンやスマートフォンをご持参いただけば、ビデオ会議にも対応できますし、周囲の音を気にせずに集中して仕事をすることができると思いますので是非ビジネスパーソンにご活用いただきたいです。」と述べている。

帰国困難者向けの大使館割引や、医療従業者向けに無料の宿泊提供など、同社はこれまでにも新型コロナウイルスに関連するさまざまな取り組みを行っている。このたびの新プラン提供により、多くのビジネスパーソンがより快適なワークスペースの確保ができることを期待したい。

【関連サイト】OYO Hotels Japan

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も