OYO(オヨ)とソフトバンクグループが「OYO Hotels Japan 合同会社」を設立、日本でホテル事業を開始

2019年4月4日、インドのOYO Hotels & Homes(以下:OYO)が、ソフトバンク株式会社およびソフトバンク・ビジョン・ファンドと合弁会社である「OYO Hotels Japan(オヨホテルジャパン)合同会社」を設立し、日本でホテル事業を開始すると発表した。

OYOは2013年に設立した、南アジア最大かつ世界第6位のホテルチェーンだ。日本を含む10ヵ国・500以上の都市で、ホテルや住宅などの事業を展開している。世界の何百万人ものゲストが、サービスのクオリティが統一された信頼できる宿泊施設を、手頃な価格で利用できるようにすることでホテル業界に変革を起こした。同社は18,000以上のホテルネットワークを擁し、ソフトバンクグループをはじめ、Sequoia India、Lightspeed India、Hero Enterprise、China Lodging Groupを含む主要な投資家のバックアップを受けている。

このたび設立した合弁会社の経営は、OYOの創業メンバーでOYOのグローバル事業を数多く立ち上げた経験を持つ、プラスン・チョードリー氏が主導する。OYOは革新的なビジネスモデルとテクノロジーを活かした事業運営により、OYO Hotels Japanを通して、日本の旅行者に便利で快適な宿泊体験を提供するとともに、パートナーとなるホテル経営者のビジネス拡大を支援していくという。

ソフトバンクは、未来へのビジョンを共有するソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資先企業をサポートし、最先端のビジネスモデルを日本で展開できることを楽しみにしているという。ソフトバンクの代表取締役社長・執行役員兼CEOである宮内謙氏は、次のように述べている。

「OYOの先進的なテクノロジーとビジネスモデル、そしてソフトバンクの日本市場への知見を融合させ、日本の旅行者に新しい宿泊体験を提供していきます。同時に、ダイナミックプライシングや予約システムなど、ホテル経営者向けの機能や価値を提供し、適正な価格設定や人手不足の解消などに貢献します。OYO Hotels Japanが、インバウンド対応を含む旅行業界の盛り上げや、地域活性化に貢献することを確信しています」。

OYOは、すでにグローバル市場で中価格帯のサービスとして最も好まれているブランドで、収益管理や流通などにおける強みを活かし、非常に好調に事業展開している。同社は、日本がアジアで最も人気のある観光地の一つとして急成長していることを大きなチャンスと捉え、観光を促進することで地域経済の成長に貢献できることを楽しみにしているという。

同社は2019年2月、賃貸住宅事業『OYO LIFE』を日本で開始することを発表した。同事業は、これまで賃貸住宅を契約する際に当たり前に行われていた手続きを、ゼロから再構築して現代に合わせた新しい賃貸サービスである。そして、このたび新たにOYO Hotels Japanを通して、国内および海外からの旅行者に独自のおもてなしをしていく考えだ。

OYO Hotels Japanは全国のホテル経営者に、テクノロジーを全面的に生かしたホスピタリティモデルの価値を提供するといい、国内外からの出張者・観光客が、サービスのクオリティが統一された信頼できるホテルを、手頃な価格で利用できるようにする。さらに、日本の小規模・独立型ホテルの経営者にスピード感のある変革をもたらすとともに、先進的なAI技術を活かしたホテルマネジメントシステムを提供し、経営の効率化と収益性の向上に貢献していくという。

OYOのグループCEO兼創設者であるリテシュ・アガルワル氏は、次のように述べている。「OYOのサービスによって、国内および海外からの旅行者は、快適な宿泊施設を手軽な価格で簡単に利用できるようになります。また独立系ホテル経営者向けには、AI(人工知能)の機械学習を活用したホテルマネジメントシステムや、予測分析に基づくダイナミックプライシング、収益管理システムなどさまざまなテクノロジーを提供し、ホテル経営者が顧客対応に集中し、収益性の改善などにつなげられるよう貢献していきます」。

これまでにない賃貸サービス『OYO LIFE』の発表からわずか2カ月で、新たに合弁会社を設立し日本でホテル事業を開始するOYO。ゲストの利便性から経営者側の業務効率化と収益性向上まで、包括的なサービスを提供するOYO Hotels Japanは、近年動きが活発な日本のホテル業界のなかでも注目を集める存在になりそうだ。観光立国を目指す日本に良い影響を与えていくと期待したい。

【参照サイト】OYO とソフトバンクによる合弁会社「OYO Hotels Japan」が日本でホテル事業を開始
【関連記事】インドの格安ホテル「OYO」が2018年度内に日本進出、ITを駆使した運営で急成長
【関連記事】インドのホテルベンチャー「OYO(オヨ)」が日本で賃貸サービスを開始、入居・退去がスマホで完了
【転載元】OYO(オヨ)とソフトバンクグループが「OYO Hotels Japan 合同会社」を設立、日本でホテル事業を開始 | HOTELIER(ホテリエ)|ホテル・旅館・インバウンド不動産投資メディア

homeaway