訪日客向けプライベートツアーサービス「otomo」新たに6地域拡大、全国15都道府県で計300種類以上のツアー提供

otomo

otomo(オトモ)株式会社は9月9日、同社が運営するインバウンド旅行者向けのプライベートツアーサービス「otomo」のサービスエリアを拡大し、新たに北海道、宮城県、愛知県、岐阜県、三重県、広島県の6地域にて70種類以上のツアープランの提供を開始することを公表した。新たなサービス提供地域では、9月よりガイド登録の受付を開始、10月よりツアーの予約受付を開始する予定だ。

「otomo」は、地域の観光資源を活用したオリジナルのツアープランの組成と、地域のガイド人材の育成を通じて、高品質なツアーサービスを提供するインバウンド旅行者向けのプライベートツアーサービスだ。2019年1月の正式リリースより、英語・中国語・韓国語をはじめとする各言語に対応し、サービスを展開している。そして、今回のサービス対象地域の追加により、全国15都道府県にて、600名以上のガイドが登録、合計300種類以上のツアープランを提供することとなった。インバウンドカバー率は延べ宿泊者ベースで75.7%に達するという。

otomo ツアープランの分布

otomoの最大の特徴は、地域の観光資源を活かしたツアープランを、その土地に住むガイドが案内することだ。これにより、外国人旅行者は地域観光をより深く楽しむことができる。近年、日本を訪れる外国人旅行者の急速な増加とともに個人旅行の比率が増加しており、旅行者ニーズも多様化している。すでに日本の三大都市圏を除く外国人延べ宿泊者数は全体の41.0%に達し、外国人旅行者の訪問先は主要都市のみならず地方にも拡大を続けている。一方で、外国人旅行者にまだ知られていない魅力ある場所は国内各地に数多く存在している。そうしたなかでの今回のサービス対象地域の拡大により、外国人観光客にまだ知られていない日本各地の魅力が発信される機会が増え、地方への誘客拡大が期待できる。

otomo 登録ガイドの内訳

同社はこのほか8月より、KADOKAWAグループのWalker Mediaや株式会社インバウンドプラットフォームらとともに、訪日外国人旅行者向けに新しい日本の楽しみ方を提案、啓蒙する「Unique Experience Japan」プロジェクトを推進するなどしており、今後予測される観光需要の高まりに対応するとともに、外国人旅行者のさらなる旅行体験の向上に努める構えだ。同社の事業を通じて、さまざまなカタチで日本の魅力が発信され、訪日リピーターが増えていくことを期待したい。

【ウェブサイト】日本への旅行、現地ツアーの予約サイト | otomo
【関連ページ】otomo、インバウンド向けに新しい日本の楽しみ方を提案する「Unique Experience Japan」プロジェクト開始
【ウェブサイト】Unique Experience Japan

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway
airbnb