民泊条例、施行は10月か11月から。吉村大阪市長

読売新聞の報道によると、吉村洋文市長は1月21日の記者会見の中で、「民泊」を特例として認める大阪市の条例について、施行は今年の10月か11月になるとの考えを示した。大阪市議会は当初は民泊条例については慎重な姿勢を示していたが、一転して今月の15日、同条例を可決した。その際、市議会は市長が定める施行日については10月以降とするよう求める付帯決議を行っており、吉村市長もその決定を尊重する意向だ。

大阪は、バケーションレンタルサイト最大手のAirbnbが先日公表したデータでも過去1年間で訪問数が7,000%増加しており、世界で最も訪問数が伸びた都市に輝くなど、日本を代表する観光地として東京以上に世界からの注目を集めている。

【参考記事】民泊条例施行、10月か11月に…吉村大阪市長

(※写真提供:cowardlion / Shutterstock.com

(MINPAKU.Biz ニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も