ニトリが宿泊事業に参入、小樽・銀鱗荘を事業承継

小樽

家具販売大手の株式会社ニトリホールディングス(以下、ニトリ)は8月14日、株式会社銀鱗荘および東名観光開発株式会社より北海道小樽市に所在する「銀鱗荘」の所有権を取得し、8月20日より同社100%子会社である株式会社ニトリパブリックが運営することを公表した。

銀鱗荘は、明治時代に鰊(ニシン)漁で栄えた猪俣安之丞の邸宅として余市町で建設され、その後、現在のJR小樽駅から車で10分の土地に移築、昭和14年に料亭旅館として創業した。現在は「旧猪俣邸」として小樽市指定歴史的建造物にも指定されている。本館と新館で計18室を備え、和食懐石とフランス料理を提供する。

ニトリは、小樽のシンボル施設であり第一級の宿泊施設である「銀鱗荘」で超一流のサービスを提供し、北海道内外や海外からの観光客を招くことで、小樽エリアの振興に貢献するとしている。

ニトリはすでに小樽の代表的な建築物である旧北海道拓殖銀行小樽支店、旧三井銀行小樽支店、旧高橋倉庫、旧荒田商会の4棟を中心とした施設「ニトリ小樽芸術村」をオープンしている。あわせて小樽の文化を存分に感じられる観光振興につながることが期待される。

【参照ページ】「銀鱗荘」事業承継についてのご案内

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も