二毛作民泊「nimomin」300件まで無料登録できるキャンペーン開催

matsuri technologies株式会社(以下、マツリテクノロジーズ)が、民泊営業の「180日規制」に対応する集客支援ツール「nimomin」を登録物件300件まで無料で登録できるキャンペーンを8月21日から9月30日まで開催する。

nimominは、民泊とマンスリー賃貸の二毛作民泊を実現するサービスだ。airbnbやasiaYoなどのOTAサイトだけでなく、マンスリー賃貸サイトにも物件を掲載することができ、民泊繁忙期の180日は民泊サービス、閑散期は短期賃貸による貸し出しを実現する。

住宅宿泊事業法(民泊新法)案によると、民泊の年間営業日数は180日と義務付けられる方針であり、民泊のみでの運営が困難となるケースも想定される。マツリテクノロジーズによると、民泊を運営できない期間を短期賃貸で補う事例はすでに増加傾向にあるという。

二毛作民泊は収益の最大化を図りうるとともに、運営リスクの分散にも貢献する。nimominでは物件登録予定数を27000件としており、300件においては無料で登録可能だ。

8月25日、28日、30日にはnimominの機能についての無料説明会も行われる。短期賃貸をリスクヘッジの1手法と考えている方は、説明会にも足を運んでみてはいかがだろうか。

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も