クリップス、サイトコントローラー「ねっぱん!」後継の有料サービス「ねっぱん!++」を7月1日より提供開始

クラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!」を提供する株式会社クリップスは7月1日、「ねっぱん!」の後継となる有料サービス「ねっぱん!++(プラスプラス)」を提供開始した。従来提供してきた「ねっぱん!」は6月30日をもってサービスを終了している。

ねっぱん!++(プラスプラス)

「ねっぱん!++(プラスプラス)」には、在庫管理機能や予約管理機能、分析レポート機能といった従来の機能に、新たな機能とサービスが追加された。

まず、機能面では宿泊業界で課題となっているノーショー対策として、現地決済のみ、同社指定OTAの予約サイトにて事前決済ができるようになった。そして、予約成立後や宿泊日前後に「ねっぱん!++」からユーザー宛にメールを自動配信する「サンクスメール」機能を追加した。2019年秋には、複数の主要OTAの予約サイトに対し一括でプランを登録できる「プラン一括登録」機能や、主要OTAの複数サイトに対しプランの販売期間を一括で延長できる「プラン自動延長」機能が追加される予定だ。

続いてサービス面では、複数施設の運営者においてログイン後の施設切替が可能となり、分析レポートを法人全体として一括集計し、CSV出力ができるようになった。また、サポートセンターの受付時間が「9時~21時」と従来より3時間延長された。さらに、「ねっぱん!++」の機能を学ぶことができる毎月1回の無料勉強会「++勉強会」の開催や、申し込み順で「ねっぱん!++」の一部操作を無料で代行する「ねっぱん!操作代行サービス」を実施している。

「ねっぱん!++」の利用料金は初期設定料が50,000円、月額利用料は5室以下の施設で5,000円、6室以上の施設で8,000円だ。別途、PMS(ホテル会計システム)やレベニューマネージメントシステム等と連携する場合、オプション料金が発生する。

同社はこれまで宿泊施設向けに、複数の宿泊予約サイトの在庫・料金・予約情報を一括管理できるクラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!」を提供してきた。2012年より楽天グループに加入し、国内最大級のOTA「楽天トラベル」へ参画する施設に「ねっぱん!」の基本機能を無料で提供するなどし、2019年5月末日時点で業界トップシェアとなる8,700軒以上に導入されてきた。6月にはアウトドアやアクティビティ、レジャー等の予約プラットフォーム「アクティビティジャパン」と連携開始するなど、「ねっぱん!++」のみならず新サービスの提供にも注力している。

「ねっぱん」が無料から有料にサービスが変わったことで、サイトコントローラーを再検討する宿泊施設も少なくないはずだ。しかし、業務効率化や人件費削減につながる新機能が搭載されたことで、ほかのサイトコントローラーにはない新たな魅力も生まれている。これを機に、運営方針や施設の規模感などを考慮し、運営中の宿泊施設にとって最適なサイトコントローラーをあらためて検討してみてはいかがだろうか。

【関連ページ】おすすめの民泊向けサイトコントローラーの一覧・まとめ

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も