サイトコントローラー「ねっぱん!」とセルフチェックインシステム「民泊イン」連携開始

株式会社クリップスが提供するクラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!」は7月11日、エイジィ株式会社が提供する民泊セルフチェックインシステム「minpaku IN(民泊イン)」と、同日に連携開始したことを公表した。

これにより、ねっぱん!が宿泊予約サイトから取得した予約データがチェックインデータとして民泊インに送信され、民泊インを利用する施設はチェックインデータを入力する作業が不要になる。また、簡易PMS「ねっぱん!イージー会計」をあわせて導入することにより部屋割りが可能となるため、民泊インで宿泊者の部屋番号を手入力する手間も省ける。

neppan-minpakuin

民泊インは、連携したタブレット端末で、遠隔通話による本人確認、宿泊者名簿の確認、約款等の提示と署名、パスポートの撮影・保存などができるシステムであり、現在は200戸への導入が決定している。一方のねっぱん!は、複数の宿泊予約サイトの在庫・料金・予約情報を一括管理できる無料のサービスで、6月末時点で7,600軒以上の施設に導入されている。

ねっぱん!と民泊インの連携システムは、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」、通称「IT導入補助金」の対象ITツールに認定されている。民泊運営にかかわる煩雑な作業に手を焼いている事業者の方は、多くの利用実績をもつ両システムの導入を検討してみてはいかがだろうか。

【サービスサイト】PMSサービス『AirHost PMS』
【サービスサイト】minpaku IN

(MINPAKU.Bizニュース編集部)