サイトコントローラー「ねっぱん!」、Airbnbと10月中に連動開始。事前申請受付中

株式会社クリップスが提供するクラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!」は9月14日、10月中にAirbnbと連動開始することを公式ブログで公表した。これに際し、ねっぱん!はAirbnb連動の事前申請を開始している。案内は連動開始後に行う予定だ。

ねっぱん!は宿泊施設向けのサービスで、複数の宿泊予約サイトの在庫・料金・予約情報を一括管理できる無料のクラウド型サイトコントローラーだ。2018年7月末日時点で7,700軒を超える施設が利用している。サービスを連動している宿泊予約サイトは、一休やじゃらん、Reluxなど、合計で69サイトある。

Airbnbの連動追加には、初期設定費用として税別3万円が発生するが、これはAirbnbのリスティングをねっぱん!連携用に再作成するための設定作業費としている。なお、2018年12月末までに申込みがあった分については、初期設定費用を無料とするキャンペーンを行っている。

ねっぱん!はこれまで、楽天LIFULL STAYの民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」や、セルフチェックインシステム「民泊イン」、エアホストの宿泊管理システム「AirHost PMS」等とも連携しており、宿泊施設オーナーの運営業務の利便性を高めるとともに、集客拡大に向けたサポートを行ってきた。

今回、多くの宿泊施設オーナーが利用するねっぱん!がAirbnbと連携することで、さらなる稼働率アップにつながることが期待される。より便利に運営施設を管理したいと考えているオーナーの方は、同サービスの導入を検討してみてはいかがだろうか。

【公式ブログ】【連動予告】 「Airbnb」との連動事前申請に関するお知らせ
【関連ページ】サイトコントローラー「ねっぱん!」、楽天LIFULL STAYの民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」と連動開始
【関連ページ】サイトコントローラー「ねっぱん!」とセルフチェックインシステム「民泊イン」連携開始
【関連ページ】エアホストの宿泊管理システム「AirHost PMS」、サイトコントローラー「ねっぱん!」とAPI連携
【関連ページ】楽天LIFULL STAY、民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」を開設

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も