米投資銀行大手のモルガン・スタンレー、従業員の出張にAirbnbを活用へ

Airbnbの活用は、旅行好きの個人だけではなく企業の間でも徐々に広まりつつある。各紙の報道によると、米投資銀行大手のモルガン・スタンレーは1月10日、多くの若手従業員からの要望を受けて、Airbnb Business Travel(Airbnb出張サービス)を活用し、従業員の出張時にAirbnbによる宿泊を認める方針を公表したとのことだ。

Airbnb出張サービスは、Airbnbが展開する企業向けサービスで、同サービスの出張プログラムを活用することで従業員は出張先でも自宅と変わらぬ雰囲気で過ごせる物件を借りられるほか、企業は出張報告やそれにかかった費用をより透明性が高くかつ正確な形で管理することが可能となる。従業員も出張に伴う経費報告の必要性がなくなるため、宿泊料金の支払いが楽になるという仕組みだ。

大手金融機関のモルガン・スタンレーがAirbnbの導入を決めたことで、今後他社も追随する可能性がある。米国では若手のビジネスパーソンを中心にAirbnbが人気を誇っており、従業員にとってもこのオプション追加はありがたい福利厚生と言えそうだ。

【参考サイト】What is Airbnb Business Travel?
【関連記事】Business Insider “Morgan Stanley allowed its staff to use Airbnb after a bunch of young employees asked

(※写真提供:Bastian Kienitz / Shutterstock.com

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も