ミサワホーム、大規模リノベを施した簡易宿所を京都・嵐山に今月オープン

住宅の製造や売買、管理等を行うミサワホームグループが、外国人宿泊客向けの簡易宿所を京都府の嵐山に今月オープンした。当物件は、ミサワホームグループのミサワホーム近畿株式会社(以下、ミサワホーム近畿)が大規模リノベーションを行い、ミサワホーム不動産株式会社(以下、ミサワホーム不動産)が一括借上をして運営を手がけている。ミサワホーム不動産が宿泊施設の一括借上を行ったのは、今回が初となる。

ミサワホーム近畿は、嵐山の築32年の賃貸マンションの土地オーナーから依頼を受け、外国人向けの簡易宿所とするため、大規模なリノベーションを行った。今回のリノベーションでは、建物を46室のワンルームからゆとりある広さの23室の客室に改築し、エレベーターの新設や段差解消工事を行った。新たに設置したフロントには、英語、中国語、韓国語に対応できるスタッフが24時間常駐する。

嵐山周辺には有名な観光名所が複数存在していることから、日本人のみならず外国人宿泊客の観光需要も見込める。また、近年は観光スタイルの多様化にともない、ホテルや旅館で食事の提供をなくす代わりに、宿泊費用をおさえて長期滞在を希望する外国人宿泊客が増えている。こうした背景から両社は同物件の用途変更を行い、簡易宿所を営業するに至った。

ミサワホームグループは今後、簡易宿所や民泊などのニーズが高まっていくと予測し、宿泊施設にまつわるノウハウを集めて宿泊需要に応える取り組みを推進していく見通しだ。

【参照ページ】ミサワホームグループで企画、設計・施工、運営までを対応する宿泊施設が京都(嵐山)にオープン

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

faminect