11月16日時点の民泊ホストの届出提出は11,719件、登録申請は管理業者1,414件、仲介業者66件

観光庁が住宅宿泊事業者の届出受付、住宅宿泊管理業者・住宅宿泊仲介業者の登録申請を開始した3月15日から11月16日までの件数を公表した。

資料によると、住宅宿泊事業者(民泊ホスト)の届出受付件数は11,719件(うち受理済みは10,465件、うち事業廃止は196件)で、10月31日時点の11,069件から650件増(うち受理済みは9,726件から739件増)となった。

内訳は、都道府県の届出提出件数が3,780件、うち受理済みが3,377件、うち事業廃止は33件(10月31日時点で3,613件、うち受理済みが3,173件)、保健所設置市の届出提出件数が3,896件、うち受理済みが3,406件、うち事業廃止は62件(10月31日時点で3,606件、うち受理済みが3,109件)、特別区の届出提出件数が4,043件、うち受理済みが3,682件、うち事業廃止は99件(10月31日時点で3,850件、うち受理済みが3,444件)だった。

住宅宿泊管理事業者(民泊運営代行会社)の登録申請件数は1,414件(うち登録済みは1,312件)で、10月31日時点の1,382件から32件増(うち登録済みは1,282件から30件増)だった。また、住宅宿泊仲介業者(AirbnbやHomeAwayなどの民泊仲介サイト)の登録申請件数は66件(うち登録済みは53件)で、10月31日時点の65件から1件増(うち登録済みは51件から2件増)だった。

住宅宿泊事業の届出状況

11月16日時点の住宅宿泊事業法に基づく自治体別の届出・登録申請状況一覧

【関連ページ】住宅宿泊事業法に基づく自治体別の届出・登録申請状況一覧
【関連ページ】民泊の届出・登録申請、3月15日受付開始
【関連ページ】民泊制度運営システム

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も