東京都マンション管理士会、マンション管理組合の電話相談を受け付ける「民泊ヘルプライン」設置

一般社団法人東京都マンション管理士会は11月1日、マンション管理組合から電話相談を受け付ける「民泊ヘルプライン」を設置したと日本経済新聞が11月2日付で報じた

「民泊ヘルプライン」は東京都マンション管理士会の本部事務所にいるマンション管理士が、電話での相談を受け付けるものだ。受付は毎週月曜日から金曜日の13時から16時まで、無料で30分程度の相談を受ける。電話番号は03-5829-9774。

国土交通省は民泊を巡るトラブルの防止を目的に、住宅宿泊事業を許容するか否かについて、あらかじめマンション管理組合が管理規約上で明確化することを呼び掛けている。住宅宿泊事業法施行を来年6月に控え、各々のマンション管理組合に民泊への対応が求められる中、方針策定に問題を抱えるマンション管理組合の一助となりそうだ。

【参照ページ】マンション民泊 電話相談に対応 都管理士会
【公式ページ】相談電話 | 東京都マンション管理士会
【関連ページ】東京都の民泊・旅館業簡易宿所・特区民泊に関する条例・法規制

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も