リンクス株式会社、民泊事業の適正なゴミ処理をサポートする「民泊ごみ.com」をリリース

リンクス株式会社は4月13日、民泊施設から排出されるゴミの適正な処理をサポートするサービスサイト「民泊ごみ.com」をリリースした。

「民泊ごみ.com」は、23区内で許可のある複数の許可業者と提携し、民泊物件の環境の中で最も条件がいい許可業者を紹介するサービスを提供するという。民泊ごみ.comが窓口となり案件をまとめることでスケールメリットを活かし、低価格で利用できるとしている。

マンションやアパート物件などにゴミの集積所がない場合には、玄関前や建物内の指定の場所まで向かい、ゴミを収集する。また、ゴミを溜めておくことができない物件の場合には、ゲストのチェックアウトや清掃のタイミングでゴミを排出したいなどという希望に応じて収集回数を変更できるのも特徴だ。

民泊事業の運営には、近隣環境への配慮も欠かせない。こうしたサービスの普及によって円滑な民泊物件の運営が可能となることを期待したい。

【サービスサイト】民泊ごみ.com

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も