ホテル大手マリオット・インターナショナルが民泊本格参入「Homes & Villas」

ホテルチェーン世界最大手のマリオット・インターナショナルが、ヨーロッパ、アメリカ、カリブ海、ラテンアメリカの100以上の地域で2000軒以上の物件を扱う高級ホームレンタル「Homes & Villas」をローンチする。

ホテル業を営むマリオットとしては、民泊は競合ともいえる新規分野だが、2018年から行っていたパイロットプロジェクト「Tribute Portfolio Homes」で成果が見られたことから、正式に「Homes & Villas」を開始するに至った。

プロジェクトの期間は、宿泊客の90%近くがロイヤリティ・プログラム「マリオット・ボンヴォイ」の会員で、75%以上が家族や友人とのレジャー旅行に利用し、滞在日数は典型的なホテルへの宿泊日数の3倍以上だった。広いスペースに大きなキッチンとより多くの寝室を備えていることが特徴で、既存客でプライベートをゆったりと過ごしたい人々の支持を得たようだ。

「Homes & Villas」にリスティングされている物件は、例えば、カリブ海のアンギラではプライベートビーチがある物件、また、イタリア・ソレントでは、炭火オーブンで自らピザを焼いて味わえる、地中海を臨むプール付き邸宅がある。そのほか、アイルランドでは、プライベートの湖でボートやフィッシングを楽しむこともできる古城などがある。

マリオットのグローバル・チーフ・コマーシャル・オフィサーのステファニー・リナーツ氏は「1年前に開始したプロジェクトの内容を、今後グローバルに展開し、自宅のような空間とアメニティを提供していきます」と語る。

ホテル業界大手企業の民泊進出により、従来のホテル業と新規参入の民泊が対峙する構図から、業界構造に変化をもたらすか、今後に注目だ。

【ウェブサイト】Homes & Villas | Marriott International
【参照ページ】Marriott International Launches Home Rentals In Over 100 Markets

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway