マツリテクノロジーズ、民泊ゲストの夜間メッセージに英語対応する「m2m Custom」先行リリース

matsuri technologies株式会社(以下、マツリテクノロジーズ)は10月16日、民泊の事業者と大型民泊ホスト向けに、ゲストからの夜間のメッセージに英語対応をするメッセージ代行プラン「m2m Custom」の先行リリースを公表した。

m2m Custom

今回新たに提供される「m2m Custom」は、ゲストへの24時間対応ができていない企業や、夜間対応のスタッフ確保や人件費の圧迫などに課題を抱える企業向けのサービスだ。特に、導入することによって高い効果が見込まれる運営代行件数(自社運営の場合は運営件数)が20件以上の法人を対象として提供する。サービス内容は、夜間帯の英語メッセージの返信を代行し、初回問い合わせは10分以内というスピード感をもって対応するというものだ。緊急時のエスカレーションにも対応し、翌朝の優先対応ゲストがひと目で分かるのも特徴だ。

すでにマツリテクノロジーズのm2mシリーズには民泊事業者向けに住宅宿泊事業法(民泊新法)に対応した自動チェックインを可能にする「m2m check-in」、総実績500万件を超える民泊管理ツール「m2m Systems」、Airbnbのメッセージを自動返信する「m2m Basic」がある。遅れが発生しがちな営業時間外の対応を代行で対応することによって収益化の面でも高い効果が見込まれることから、先行リリース期間中に「m2m Custom」の導入も検討してみてはいかがだろうか。

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も