レオパレス21、レベニューマネジメントツール「メトロエンジン」を運営ホテル4拠点に導入

株式会社レオパレス21は1月9日、メトロエンジン株式会社が提供するレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」を、札幌・仙台・名古屋・博多の4拠点で展開するレオパレスホテルズに導入することを公表した。

メトロエンジンはリアルタイムのビッグデータから人工知能・機械学習を活用することで宿泊施設の価格設定を行うダイナミックプライシングを可能とするレベニューマネジメントツールだ。宿泊客の「予約行動」に関わるビッグデータを毎日収集し、そのリアルタイムのデータに基づき、人工知能を用いた徹底的な分析と客室単価を算出する。さらに算出された客室単価が適正か否かを機械学習により繰り返し検証させることで、業務効率化、コスト削減、顧客のサービス向上が望める。

メトロエンジン

かねてメトロエンジン社は国内を代表する数十のホテルチェーンへの導入が決まっていることを発表しており、今回、レオパレス21の運営ホテルへの導入が発表された。レオパレス21は、メトロエンジンの導入により、レオパレスホテルズの客室稼働率の向上と現場スタッフの勤務時間の削減を図る。さらに、メトロエンジンに備わる人工知能を活用したレピュテーション(評価)管理機能を活用することで顧客の声を運営に取り込み、サービス向上を実現する。

なお、レオパレス21は昨年12月28日より、同社保有のマンションタイプの物件3棟で同社初となる民泊の運営を開始しており、2019年11月までに福岡県、神奈川県、愛知県、東京都、大阪府、奈良県にて、計15棟130戸の運営開始を目指す方針であることを発表している

【サービスサイト】メトロエンジン
【関連記事】メトロエンジンが7億円資金調達、ダイナミックプライシングの精度向上と事業展開加速へ
【関連記事】レオパレス21、初の民泊運営を28日より開始。福岡、愛知の保有物件3棟で

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway
airbnb