ランサーズ、地域プロジェクトとつながる関係人口プラットフォーム「CON-NECT(コネクト)」をリリース

日本最大級のクラウドソーシングプラットフォーム「Lancers(ランサーズ)」を運営するランサーズ株式会社は8月6日、全国のフリーランスや副業をしたい個人と地域とをつなぎ、関係人口を創出するプラットフォーム「CON-NECT(コネクト)」をリリースしたことを発表した。

「CON-NECT」は、地域での仕事やワーケーション、デュアルワークに関心を持つフリーランスや個人が、サイト上に掲載されている全国の多彩な地域プロジェクトのなかから、それぞれのスキルを活かせる仕事を見つけることができるプラットフォームだ。

フリーランスや個人にとって、ワーケーション・デュアルワークを体験することはもちろん、地域の仕事を手掛けることで、地域に興味を持ち、地域に訪れるきっかけや関わりを深めていくことができる。

また、地域にとっては、地域を全面に出してプロジェクトに必要なスキルを持つ人材にアピールする場となる。高度人材と地域がつながる足がかりとなれば、将来その人材がハブとなって地域をPRしてくれる存在になる可能性もあるだろう。

「CON-NECT」立ち上げの背景には、昨今、「ワーケーション」や「デュアルワーク」といった新しい働き方が注目を集めているほか、働き方改革の一環で副業・複業を認める企業が増えていることが挙げられる。

労働者のなかには「もうひとつの仕事は地域のために」と考える人が増えている一方で、実際に地域での仕事を探すには自治体や企業に個別にアクセスする必要があるなど、未だハードルが高いのが現状だ。そこで同社は、人と地域をつなげるプラットフォームをつくることで、スキルを持つ人材と地域との出会いの場をつくることを実現した。

「CON-NECT」では既に、大和ハウス工業による北海道鹿部町・石川県志賀町の森林住宅地を活用した「フリーランスのお試しデュアルワーク」や、三井住友海上火災保険の「シェアリングエコノミーで開く未来の働き方」のセミナー開催など、地方自治体や大手企業のプロジェクトと連携して、人と地域とつなげる様々な施策を行っている。

同社は今後もフリーランスと地域コミュニティを結びつけ、自分らしく働ける地域づくりに向けた取り組みを続けていくという。

政府が掲げた働き方改革により、近年はテレワークやワーケーションといった多様な働き方が企業や自治体に広がっている。宿泊業界では、地域で働きたいフリーランスや個人を積極的に受け入れることで、深刻化する人材不足などの課題を解決するきっかけにもなるだろう。「CON-NECT」が広がることで、フリーランスや副業をしたい個人と地域のつながりができ、地域事業が一層盛り上がっていくことを期待したい。

【サービスサイト】CON-NECT

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway
airbnb