無人の鍵受け渡し・本人確認システム「KEY STATION」200拠点まで拡大

KEY STATION

Keeyls株式会社は10月7日、同社が全国に展開している無人の鍵受け渡し・本人確認システム「KEY STATION」の設置拠点を2019年9月末時点で200拠点まで拡大したことを公表した。

KEY STATIONは「鍵の受け渡し、またはリアルタイムでの開錠のパスワード発行」「鍵の取り出し、返却通知」「対面、非対面での本人確認」「スペースや賃貸内見などの予約管理」といった機能を備え、ホテルや民泊の無人フロント化、マンスリーマンションや賃貸内見、貸会議室などのスペースシェアの鍵の受渡しなどで利用されている。

無人の鍵受渡し・本人確認システム「KEY STATION」

KEY STATIONの主な設置場所は最寄りのファミリーマート店舗、マンションのエントランス、駅など。同社は引き続き、さまざまな用途で活用されるKEY STATIONの設置拠点の拡大を図る。

【サービスサイト】KEY STATION
【関連ページ】KEY STATION設置マップ
【コーポレートサイト】Keeyls株式会社

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も