SQUEEZE、京王電鉄所有の大田区の特区民泊マンション「KARIO KAMATA」の運営代行業務を受託

KARIO KAMATA 内装
KARIO KAMATA 外観

株式会社SQUEEZEは2月1日、京王不動産株式会社と業務委託契約を締結し、鉄道会社として初となる特区民泊施設である「KARIO KAMATA(カリオ カマタ)」の運営を2月4日より開始することを公表した。

「KARIO KAMATA(カリオ カマタ)」は大田区の特区民泊施設として、2017年2月22日に京王電鉄株式会社が株式会社百戦錬磨との連携のもと、開業した。今後、体制を変更しての運営が始まる。同施設は、羽田空港や品川駅へのアクセスがよい京急蒲田駅から徒歩4分、JR蒲田駅から徒歩7分の位置にある地上6階建全14室の民泊マンションだ。1K、1LDK、2DKタイプの部屋を備え、カップル、家族、ビジネスなどの用途で利用されている。

株式会社SQUEEZEと京王電鉄株式会社、京王不動産株式会社は2018年9月にも業務提携している。今後、京王線笹塚駅前に京王不動産が所有する京王笹塚ビルをリノベーションし、施設の一部をホテル「KARIO SASAZUKA TERRACE(カリオ笹塚テラス)(仮称)」を開業する予定だ。当初2019年冬の開業予定と公表していたが、2019年春と前倒しとなる予定だ。

SQUEEZE社は、これまでにIoTを活用した宿泊施設「Minn(ミン)」や泊まれる映画館「Theatel Haneda(シアテル ハネダ)」などの運営を通じて、多くのゲストに宿泊体験を提供しており、これらの宿泊施設の運営経験やノウハウを活かし、施設運営を担う。両社は「暮らすように泊まる」「暮らすように滞在する」良質な施設の運営を、空き家対策やまちづくりにも活用し、京王線沿線を中心とした地域の活性化を図る方針だ。

【関連記事】SQUEEZE、京王電鉄、京王不動産が業務提携。宿泊施設「カリオ笹塚」2019年冬に開業へ
【関連記事】羽田空港近くに「泊まれる映画館」が誕生!?SQUEEZEが「Theatel Haneda」をオープン!

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway