2018年10月から12月の訪日外国人消費額は1兆1,605億円、1人当たりは15万6千円、観光庁調査

観光庁は1月16日、2018年10月から12月の訪日外国人消費動向調査の結果を公表した。訪日外国人旅行消費額は1兆1,605億円で、そのうち一般客の旅行消費額は1兆1,348億円、クルーズ客の旅行消費額は257億円と推計された。また、訪日外国人一般客1人当たりの旅行支出は15万6千円だった。

国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額をみると、中国が全体の31.5%にあたる3,661億円ともっとも大きく、次いで、韓国が13.0%の1,507億円、台湾が12.2%の1,414億円、香港が7.5%の874億円、アメリカが6.7%の780億円の順となり、上位5カ国・地域で全体の71.0%を占めた。

また、訪日外国人1人当たりの旅行支出をみると、一般客が15万6千円、クルーズ客が5万7千円だった。国籍・地域別では、スペインが27万円、イギリスが23万7千円、イタリアが23万4千円の順で高かった。

費目別に訪日外国人旅行消費額の構成比をみると、買物代が4,126億円(35.6%)ともっとも多く、次いで宿泊費が3,494億円(30.1%)、飲食費が2,377億円(20.5%)の順で多かった。続いて、費目別に一般客1人当たりの旅行支出をみると、買い物代が5万3千円ともっとも高く、次いで宿泊費が4万8千円、飲食費が3万3千円の順で高かった。宿泊費は欧米豪で高い傾向がみられ、特にイギリスが11万4千円と高かった。また、娯楽等サービス費はオーストラリアが1万5千円ともっとも高く、買物代は中国が11万8千円ともっとも高かった。

平均宿泊数は8.3泊だった。最長はベトナムの29.8泊、その後、フィリピンの23.0泊、ロシア17.5泊と続いた。一方、最短は韓国の4.7泊、その後、香港の5.5%、台湾6.5泊、タイ6.7泊と続いた。

【参照ページ】【訪日外国人消費動向調査】2018年10-12月期の全国調査結果(1次速報)
【関連ページ】2018年7月から9月の訪日外国人消費額は1兆884億円、1人当たりは15万6千円、観光庁調査
【関連ページ】観光庁、2018年4月から6月の訪日外国人消費動向調査結果を公表。消費額1兆1,233億円に
【関連ページ】観光庁、2018年1月から3月の訪日外国人消費動向調査結果を公表。消費額1兆1,343億円に
【関連ページ】2018年の訪日外国人旅行消費額は4兆5千億円、7年連続で過去最高額を更新。観光庁調査

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway
airbnb