「観光先進国」を目指し、観光庁が「観光ビジョン実現プログラム2018」を策定

観光庁は6月12日、「観光立国推進閣僚会議」の第9回会合において、「観光ビジョン実現プログラム2018(観光ビジョンの実現に向けたアクション・プログラム2018)」を決定した。政府はこの行動計画をもって、官民一体となって2020年訪日外国人旅行者数4,000万人、旅行消費額8兆円等の目標達成を目指す。

政府は昨年9月から今年6月にかけて、訪日旅行者の個人旅行化と、それに伴う地方部への観光の広がり、体験型観光など”コト消費”への消費行動の移行といったインバウンドの変化に対応するため、「観光戦略実行推進タスクフォース」を計8回開催し、有識者の意見等をヒアリングしてきた。

今回策定された「観光ビジョン実現プログラム 2018」では、主要施策として、魅力ある公的施設・インフラの更なる公開・開放やVRの活用による魅力発信といった「観光資源の保存と活用のレベルアップ 」、顔認証など最先端技術を活用した出入国の迅速化といった「世界水準の旅行サービスの実現」、そして地域のDMO(観光地域づくりの舵取り役を担う法人等)の育成強化という「JNTO(日本政府観光局)・DMOの大胆な改革」の3つが打ち出されている。

観光庁によると、17年の訪日外国人旅行者数は 2,869 万人、旅行消費額は 4.4 兆円と5年続けて過去最高を更新した。本施策の実施によって旅行者の利便性が向上し、世界が訪れたくなる「観光先進国」に近づくことで、より多くの訪日旅行者の呼び込みにつながることを期待したい。

【参照ページ】「観光ビジョン実現プログラム2018(観光ビジョンの実現に向けたアクション・プログラム2018)を策定しました!」

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も