2018年訪日客は3,000万人突破。11月の推計値は245万1千人、11月として過去最高

2018年の訪日客が3,000万人を突破したことを受け、12月18日に関西国際空港にて記念式典が行われた。また、日本政府観光局(JNTO)は12月19日、2018年11月の訪日外客数推計値が前年同月の237万8千人を約7万人上回る、3.1%増の245万1千人となり、11月として過去最高を記録したことを公表した。11月までの累計は2,856万100人だった。

韓国、台湾、香港においては、夏から秋にかけて発生した一連の災害の影響により、関西や北海道など該当する地域への旅行控えなどの影響もあったことから、前年同月を下回った。一方、欧米については、好調なクルーズ船需要や訪日旅行プロモーションの効果により、好調に伸び、訪日外客数全体としては増加を維持した。

国別では、東アジアは韓国58.8万人、中国61.7万人、台湾35.2万人、香港16.7万人で70.4%を占め、東南アジアとインドは、タイ10.3万人、シンガポール5.4万人、マレーシア5.6万人、インドネシア3.2万人、フィリピン4.7万人、ベトナム3.4万人、インド1.3万人で13.8%だった。欧米豪は、豪州4.0万人、米国12.7万人、カナダ2.8万人、英国2.7万人、フランス2.2万人、ドイツ1.9万人、イタリア1.2万人、ロシア0.9万人、スペイン0.9万人で11.9%だった。その他は12.2万人で3.9%だった。

11月として過去最高を記録したのは中国、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペインの17市場だった。また、1月からの累計では、10月までに昨年の年計を超えたベトナム、イタリア、ロシア、スペインに加え、中国、タイ、フィリピン、インド、米国、英国、フランス、ドイツの8市場が11月までに昨年の年計を超え、過去最高を更新した。

JNTOは現在、関西と北海道の観光復興に向けてウェブサイトでの発信を行うほか、インフルエンサーの招請や共同広告などのプロモーションを実施しており、引き続き旅行需要の回復に取り組んでいく。

【参照ページ】訪日外客数(2018年11月推計値)◇ 11 月:前年同月比3.1%増の245万1千人

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

homeaway
airbnb