浅草にビットコイン両替対応、ムスリムフレンドリーなチェックイン代行サービス「ジャパン フロント」12月1日オープン

ジャパンフロント

民泊関連事業を運営する株式会社Lucciは、宿泊施設運営者向けの宿泊者のチェックイン代行サービス「ジャパン フロント」を12月1日より提供開始した。

ジャパンフロント イメージ

ジャパンフロントは銀座線浅草駅5番出口徒歩30秒の位置にサービス窓口を設け、施設内には日本国内の宿泊施設で不足しているムスリム向けの男女別の礼拝スペースやハラルメニューを用意したカフェ、宿泊スペースを併設した。チェックインまでの荷物預かりサービスやWi-Fiレンタルもワンコイン(1日500円)で行う。現在、最大14通貨を日本円に両替可能で、今後はビットコインの両替にも対応予定だ。

ジャパンフロントでは、宿泊施設運営に必要な本人確認、鍵の受渡などのフロント業務や「家電製品の使い方がわからない」「病気になった」などのSOSにスタッフが14か国語対応で代行する。ホストがジャパンフロントに予約情報を共有すれば、ジャパンフロントも予約概要を確認する。料金は月額1部屋3,500円で、鍵の受け渡しは1回500円、緊急対応は1回5,000円となっている。ジャパンフロントは今後、沖縄にも展開する見通しだ。

【公式サイト】ジャパンフロント 浅草

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も