iVacationの宿泊施設「TRIP POD」第2弾、京都にて2018年10月開業へ

株式会社インベスターズクラウドの子会社である株式会社iVacationは7月5日、テクノロジーを活用した宿泊施設「TRIP POD(トリップポッド)」のコンセプト型ホステル第2弾「TRIP POD KYOTO - snack & bed -」のプロジェクトをスタートしたことを公表した

「TRIP POD」は訪日外国人観光客や国内旅行客をターゲットとし、日本のお菓子を食べながらゆっくり寛げるコンセプト型ホステルだ。日本のお菓子文化を楽しめる昔ながらの駄菓子から、和菓子やスナック菓子、スイーツのほか、ご当地お菓子を宿泊者に無料で提供し、気に入ったお菓子はお土産として購入できるようにする。

さらに、民泊向けIoTデバイス「TRIP Phone」の無料貸し出し、サービス提供も行う。多言語対応のトリップコンシェルジュが、チャットにて国内外からのお客様の要望に対応するほか、テザリングや翻訳機能、観光地の音声ガイド機能などの利用も可能だ。

2018年10月に開業予定の「TRIP POD KYOTO - snack & bed -」は、2017年9月にオープンを予定している「TRIP POD FUKUOKA - snack & bed -」に続く第2弾となる。

「TRIP POD KYOTO - snack & bed -」では、ここでしか買えない限定のお菓子や、宿泊者同士が気軽にコミュニケーションを取れるラウンジやダイニングを設置する。宿泊エリアには、ドミトリーだけでなく個人向け・団体向けの個室も用意される。同施設は2018年10月、京都府京都市中京区藤岡町493番地に開業予定だ。

【参照リリース】テクノロジーを活用した宿泊施設「TRIP POD」コンセプト型ホステル第2弾「TRIP POD KYOTO - snack & bed -」2018年10月開業

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

民泊運用とあわせて検討したいおすすめのサービス

所有している土地の活用サービスや物件の査定・売却ができるサービス、1口1万円からリスクをおさえて取り組めるクラウドファンディング投資などをご紹介しています。

HOME4U(土地活用)

HOME4UNTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

リガイド

不動産一括査定「リガイド」約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

CREAL

CREAL1口1万円、利回り4%~5%、ホテル・地方創生のクラウドファンディング案件やESG不動産投資も